スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


>>>bird's-eye view 公演情報
・・・・・私が演出を手がける舞台の最新情報。

>>>blogランキング
・・・・・応援の1クリックをお願いします。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「un_titled」の感想を読みました。
既に「un_titled」を観られたお客様が
観劇の感想などを書いて下さっていたりします。
公演期間が長いこともあり、期間中ではあるのですが、
読ませていただいたりもしております。

私が読ませて頂いたものを勝手ながら紹介致したいと思います。

「しのぶの演劇レビュー」
http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2005/0512132105.html

「藤田一樹の観劇レポート」
http://white.ap.teacup.com/kazudon/193.html

「目には青葉」
http://figaro.air-ifty.com/monologue/2005/05/post_2452.html

「休むに似たり。」
http://kawahira.cocolog-nifty.com/fringe/2005/05/un_titledbirdse_7af0.html

「デジログからあなろぐ」
http://www.sf.cs.tuat.ac.jp/~yositosi/analog/archives/000403.html

「観劇?飲んだくれ?日記」
http://newroad.ameblo.jp/entry-caab006fec81ae4ab44ab25b7eb42e53.html

「R-Club HP」
http://rclub.web.infoseek.co.jp/st050514.html

様々な感想を頂きありがとうございました。
この場を使って御礼申し上げます。
勝手に紹介してすいません。

ちなみに感想の良い悪いで選出した訳ではありません。
読ませて頂いたもの全てです。

あ、あと一応「えんげきのページ」。


話はかわりますが、たまに
「作品で伝えたようとしたことは伝わりました」
というような感想を言われることがあります。

ですが、そんなことはありえません。

何故ならば、私は作品の核心部分を"伝えよう"として作品を作ってはいないからです。
誰かを"救おう"として作品を作っていないのと同じくらい、
"伝えよう"として作品を作ってはいません。

もちろん台詞とか、内容とかを"伝えよう"とはしています。
それはあくまで演劇として"伝える"という表現方法のひとつを選択しているに過ぎません。

私が考える演劇とは、
作品の核心となる何かを表現し、
その表現に面白さを感じてもらったり、
感じた何かがその人の心に触れたり、
その人の思いを巡らせたりするものです。

演劇が芸術である限り、
作品の中にも、
作品を作った私たちの中にも、
作品を観た観客の中にも、
答えなんてないはずだし、
それぞれに答えがあるはずです。


始めに感想を掲載させて頂いたのは、
この中で特に「デジログからあなろぐ」の感想に衝撃を受けたからです。
感想には「un_titled」の分析とも言えるような事も書かれているのですが、
その内容は、今回の作品を創作する中で私が考えていた事に限りなく近いものでした。
でも、統一理論やアインシュタインのことは考えていませんでしたが。。。

「デジログからあなろぐ」にて感想を書いてくださった方をはじめ、
様々な方が「un_titled」という作品に対して
思いを巡らせて下さったことに感謝しております。

作品についての私からの解説はまた別の機会にでも。
スポンサーサイト


>>>bird's-eye view 公演情報
・・・・・私が演出を手がける舞台の最新情報。

>>>blogランキング
・・・・・応援の1クリックをお願いします。
コメント
ありがとうございます
紹介+トラックバックありがとうございました。
衝撃を与えてしまったみたいで申し訳ありませんでした。
そういうつもりは全然無かったのですが・・・思いがけない結果をもたらしてしまいました。

あれは、自分が感じたことというよりは考えたことに近いので、作者の意図を汲み取ろうとしているものではないのです。
アインシュタインとかいう件で理解して頂けてると思いますけれども・・・。

個人的には、どのへんに衝撃を受けたのか知りたいところですが・・・別の機会にでもに期待していれば良いですかね?

というわけで、お返しの言葉とさせていただきます。
あと2日、頑張ってくださいませ。
2005/05/21(土) 01:35:30 | URL | 吉俊 #nwtgHfgY[ 編集]
こんにちは
TB&ご紹介をありがとうございます。
作り手と観客との連携ってすごいなと思います。作品同様、ブログ更新も楽しみにしております。
2005/05/21(土) 11:35:36 | URL | しのぶ #kSi.wH62[ 編集]
ありがとうございます
「藤田一樹の観劇レポート」の藤田です。トラックバックとご紹介、ありがとうございます。
レポートも読んでいただいて、恐縮です。次回公演も楽しみにしています。
2005/05/23(月) 17:42:09 | URL | 藤田一樹 #kUr9nKys[ 編集]
ありがとうございます
R-Clubのりいちろと申します。
HP上の記事をお読みいただいたとのこと、ありがとうございました。

HP上(本館/別館)にも書かせていただきましたが、今回の貴公演は私にとっては強く惹かれるなにかを内包していました。
また、あの空間で拝見できて、すごく贅沢をさせていただいたような気がします。

次回公演も楽しみにしております。



2005/05/27(金) 00:06:51 | URL | りいちろ #hY6QVIKw[ 編集]
お知らせです!
『お芝居カンパニースパイラルメソード』
では、『横浜赤レンガ倉庫』11月公演に向けて役者を幅広く募集しております。ワークショップも週一回程度行っております。経験は問いません!お気軽にご参加下さい!!
2005/07/08(金) 22:18:15 | URL | kazumasa.s #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/02/08(月) 11:55:35 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/06/18(月) 20:49:28 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
こまばアゴラ劇場にてbird's-eye viewの作品「un_titled」を鑑賞してきました。 綺麗で笑えるという、正直言って相反すると思われる要素を体現するユニット。 私が今まで見た作品は全て円形だったのですが、今回は額縁スタイル・・・マジックミラー?と思われる半透明の壁で
2005/05/21(土) 01:09:12 | デジログからあなろぐ
 bird's-eye viewのステージは前からみたいと思っていました。知人に誘われて勇躍、出向いた結果は正解でした。文句なく楽しい舞台、極上の演劇体験でした。以下、前後のいきさつを知らないまま、臆面もなくまとめてみた文章です。乞うご容赦。...
2005/05/23(月) 22:37:10 | Wonderland
Copyright © 2005 Powered By FC2 allrights reserved. template by picoLoop%
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。