スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


>>>bird's-eye view 公演情報
・・・・・私が演出を手がける舞台の最新情報。

>>>blogランキング
・・・・・応援の1クリックをお願いします。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「もったいない」と言われたら。
ノーベル平和賞受賞者でケニア環境副大臣のワンガリ・マータイ氏が、
先月来日した際、「日本語の『もったいない』という言葉に感銘を受け、
世界に向けこの言葉を広げたい」と語っていたのだが、
早速、国連の閣僚級会合にて『もったいない』を熱弁したらしい。

マータイ氏の言っていることは素晴らしい事なのだが、
マータイ氏の『もったいない』発言には
どうしてもシュールさを感じずにはいられない。

日本人として、大部分の人が『もったいない』と聞くと、
どうしても「もったいないおばけ」を連想してしまう。

「もったいないおばけ」はそもそも、
日本公共広告機構のまんが日本昔話風CMで、
和尚さんが子供たちをお寺に呼んで食事をご馳走してくれるのだが、
子供たちは「にんじんが嫌い」「魚が嫌い」などとわがままを言う。
その夜、「もったいねぇ~、もったいねぇ~」と
お化けが出て子供たちがおびえ、
翌日、和尚さんから「それは、もったいないおばけというものじゃ。」と聞き、
子供たちが好き嫌いなど、わがままを言わなくなるという内容。

私が子供の頃のCMなのだが、
もっと若い世代でも、「もったいないおばけ」が出るよ、
なんて親に怒られたこともあるだろう。

そんな訳で、マータイ氏が『もったいない。もったいない』と言うたびに、
誰もが心の中で「こいつは"もったいないおばけ"か!」と
叫んでいる今日この頃、皆さんはいかがお過ごしですか?

マータイ氏は、「MOTTAINAI」と書かれたTシャツを手に
「さあ、みんなで『もったいない』を言いましょう」と呼びかけていたとのこと。
これは更にシュール。
「I LOVE NY」と書かれたTシャツを着ちゃってるくらいシュール。

それにしてもマータイ氏に『もったいない』を教えた人は、
「もったいないおばけ」のことは伝えなかったのでしょうか?

知っていたらきっとマータイ氏は国連の場で、
政府代表者などに「もったいないおばけ」の話を語り聞かせたことでしょう。
そして、イメージキャラクターとして、
Tシャツに「もったいないおばけ」がプリントされていたことでしょう。

ともあれ、マータイ氏が夜中に『もったいない』と現れたら充分ホラーなので、
それを活かし、是非とも頑張ってもらいたい。

「できちゃった」と言われるよりは、なんぼかマシなので。

今日の私のラッキーワード

『死んだら人はどこに行くのかな?』

素朴な疑問をつぶやくと吉、とのこと。

そんなやつは死んでしまえ。
スポンサーサイト


>>>bird's-eye view 公演情報
・・・・・私が演出を手がける舞台の最新情報。

>>>blogランキング
・・・・・応援の1クリックをお願いします。
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2005 Powered By FC2 allrights reserved. template by picoLoop%
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。