スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


>>>bird's-eye view 公演情報
・・・・・私が演出を手がける舞台の最新情報。

>>>blogランキング
・・・・・応援の1クリックをお願いします。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「un_titled」の感想を読みました。
既に「un_titled」を観られたお客様が
観劇の感想などを書いて下さっていたりします。
公演期間が長いこともあり、期間中ではあるのですが、
読ませていただいたりもしております。

私が読ませて頂いたものを勝手ながら紹介致したいと思います。

「しのぶの演劇レビュー」
http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2005/0512132105.html

「藤田一樹の観劇レポート」
http://white.ap.teacup.com/kazudon/193.html

「目には青葉」
http://figaro.air-ifty.com/monologue/2005/05/post_2452.html

「休むに似たり。」
http://kawahira.cocolog-nifty.com/fringe/2005/05/un_titledbirdse_7af0.html

「デジログからあなろぐ」
http://www.sf.cs.tuat.ac.jp/~yositosi/analog/archives/000403.html

「観劇?飲んだくれ?日記」
http://newroad.ameblo.jp/entry-caab006fec81ae4ab44ab25b7eb42e53.html

「R-Club HP」
http://rclub.web.infoseek.co.jp/st050514.html

様々な感想を頂きありがとうございました。
この場を使って御礼申し上げます。
勝手に紹介してすいません。

ちなみに感想の良い悪いで選出した訳ではありません。
読ませて頂いたもの全てです。

あ、あと一応「えんげきのページ」。


話はかわりますが、たまに
「作品で伝えたようとしたことは伝わりました」
というような感想を言われることがあります。

ですが、そんなことはありえません。

何故ならば、私は作品の核心部分を"伝えよう"として作品を作ってはいないからです。
誰かを"救おう"として作品を作っていないのと同じくらい、
"伝えよう"として作品を作ってはいません。

もちろん台詞とか、内容とかを"伝えよう"とはしています。
それはあくまで演劇として"伝える"という表現方法のひとつを選択しているに過ぎません。

私が考える演劇とは、
作品の核心となる何かを表現し、
その表現に面白さを感じてもらったり、
感じた何かがその人の心に触れたり、
その人の思いを巡らせたりするものです。

演劇が芸術である限り、
作品の中にも、
作品を作った私たちの中にも、
作品を観た観客の中にも、
答えなんてないはずだし、
それぞれに答えがあるはずです。


始めに感想を掲載させて頂いたのは、
この中で特に「デジログからあなろぐ」の感想に衝撃を受けたからです。
感想には「un_titled」の分析とも言えるような事も書かれているのですが、
その内容は、今回の作品を創作する中で私が考えていた事に限りなく近いものでした。
でも、統一理論やアインシュタインのことは考えていませんでしたが。。。

「デジログからあなろぐ」にて感想を書いてくださった方をはじめ、
様々な方が「un_titled」という作品に対して
思いを巡らせて下さったことに感謝しております。

作品についての私からの解説はまた別の機会にでも。
スポンサーサイト


>>>bird's-eye view 公演情報
・・・・・私が演出を手がける舞台の最新情報。

>>>blogランキング
・・・・・応援の1クリックをお願いします。
臭いに悩まされる。
5/19(水) 公演9日目

劇場に入るものの異様な臭いが充満している。
話を聞くと劇場整備により客席の壁が直されペンキが塗られていた。
そんな話聞いてないし、公演中の昼間にやることなのか?

それ以上の問題なのは臭いである。
かなりシンナー臭い。
集合して前日のダメ出しを始めるものの匂いのためむせ込む。

とりあえず、ファブリーズと消臭スプレーを購入し、
臭いを取る事に力を注ぐ。

本日観に来ていただきましたお客様、
改めてお詫び申し上げます。
誠に申し訳ございませんでした。

11ステージ目。
こんな日もあります。。。


>>>bird's-eye view 公演情報
・・・・・私が演出を手がける舞台の最新情報。

>>>blogランキング
・・・・・応援の1クリックをお願いします。
客席を選ぶ際には。
5/18(水) 公演8日目
10ステージ目
作品の感じは良いものの
それだけに細かな台詞ミスが気になる。
(これについては終演後大きく注意)

それにしてもこの日の客席の反応が気になる。
私は本番を客席ではなくブースから見ていたため、
細かい観客の反応はわからないものの、
笑いが起きるポイントが不安定でツボがよくわからない。


終演後、山の手事情社の山田さんより
「この作品は上手のお客さんの方が楽しめる」
と言っていました。
あ、上手は舞台に向かって右側です。
考えてみると、これにはいくつかの理由があるのですが、、、
それは観て確かめて下さい。

ちなみに私の意見としては、
客席の後ろ2列は、
劇場の構造上天井が低くなっているため視界が狭くなってしまい、
見易さの点ではオススメではないです。

以上を踏まえると、上手の後ろ2列より前で観るのがいいようです。
自由席ですので、
今後観に来る方は参考にしてみてください。


>>>bird's-eye view 公演情報
・・・・・私が演出を手がける舞台の最新情報。

>>>blogランキング
・・・・・応援の1クリックをお願いします。
「un_titled」既に幕が開いてます。
ご無沙汰しております。
ここ1ヶ月全く書いていなかったため、
もう見ている人が居ないかもしれませんね。

更にはどんなテンションで書いていたのかも思い出せず。。。

ともあれbird's-eye view「un_titled」の幕が無事に開きました。(1週間前のことです)

これまでの裏話も含めて書いていく事にしましょう。

5/11(水) 公演初日
午後からのゲネプロを前にして、
後半の1シーンを全面的に変更する。
これは前日に問題が発生したためだ。
実際の舞台装置で行ってみるとタイミングが合わず、
描きたかったシーンイメージとはかけ離れたものとなってしまった。
一晩考え、ベースだけは残し新しいシーンプランをまとめた。
ゲネプロ前の2時間を使って、出演者全員に段取り、台詞を覚えてもらう。

bird's-eye viewとしては今までになく直前に大きな変更であった。

何とか無事にゲネプロを終え、
初日の公演に挑む。

全体的に硬い印象は拭えないものの、
変更したシーンも問題なくいけた。


5/12(木) 公演2日目
午後から、初日で気になったシーンの修正、
部分的にカットや変更を行う。

2ステージ目
役者の硬さもとれ、だいぶ作品として良くなった。
しかし、この日の観客の一部が異常に笑う。
私としては、あまり好ましいことではない。

公演の中で異常な程反応が良い日は必ずある。
もちろん観客全体の雰囲気ではなく、
あくまで一部の反応のため、その笑いにひいてしまう観客が出てくる。
また、こちらが意図している部分が笑いによって伝わらなくなってしまう。

笑うということは、明確な反応が表に出るため、
客席の雰囲気が良くなることが多く、ありがたいのだが、
諸刃であることもある。


5/13(金) 公演3日目
午後より、何シーンか返し稽古をしながら修正を加える。
当たり前のことなのだが、演劇が表現であるかぎり完成はありえない。
と、私は思っている。

3ステージ目
3日目となって緊張感が取れたのか、
はたまた、疲れが出てきたのか全体的に台詞がスムーズに出ていない。
ミスも多く、観客も乗りきれない感じが伝わってくる。


5/14(土) 公演4日目
この日はマチネ、ソワレと2ステージあるため、
修正の時間はあまり取れない。
それ以上に前日の反省は、メンタル的、体力的な問題があるため、
充分に舞台に臨む体を作っていくことに比重を置く。


5/15(日) 公演5日目
この日も2ステージなのだが、またしてもいくつか変更を加える。
エンディングに向かう中でどうしてもしっくりしていなかった部分を解消するためである。


5/16(月) 公演6日目
ここまでの疲れもあるため、劇場入りの時間を遅くする。
徐々にではあるが、ステージをこなすごとにクオリティがあがっているのは明確であった。
集合後、1シーン重点的に変更を行う。
しかしながら、この日変更した部分が上手く機能しなかった。
役者やスタッフにミスはなかったが、
恐らく観客の頭には「?」が浮かんだのではないだろうか。


5/17(火) 公演7日目
前日の修正部分はそのままでもう一度試してみることにする。
この日はテンポを中心に返し稽古を行う。

丁度折り返しのため、中だるみになる恐れも抱いていたが、
確実にこのステージは良いものになった。


こうして日々の感想を書いてみると、
その日によってだいぶ違うことがよくわかる。
観に来ていただいたお客様には、
上手くいった上手くいかなかったというのは、
失礼な話かもしれないが、これも舞台の醍醐味だと思っていただきたい。

初日と昨日の2回観たというお客様から、
「だいぶかわりましたね」
という感想を頂いた。
その方は満足した様子でこの言葉を言ってくださっていたし、
私も褒め言葉として頂戴した。


>>>bird's-eye view 公演情報
・・・・・私が演出を手がける舞台の最新情報。

>>>blogランキング
・・・・・応援の1クリックをお願いします。
Copyright © 2005 Powered By FC2 allrights reserved. template by picoLoop%
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。